スタッフインタビュー4

「挑戦したい!」を
後押ししてくれる環境です。

大山 将司

Masashi Ooyama

2018年 中途入社
税務補助スタッフ

※スタッフの個人情報の保護の観点から仮名で表記しています。

  • 梅川公認会計士・税理士事務所に
    入社を決めた理由は?

    前職では、新卒入社したレコーディングスタジオの運営会社で経理・総務の仕事を担当していました。約3年半勤め、更なる成長のために他の会社も経験してみたいという思いから転職を考えるように。

    一般企業ではなく、会計事務所を選んだのは、いろいろな会社の経理を見ることができ、実務レベルを伸ばせるのではないかと思ったからです。会計事務所での経験がないことに不安はありましたが、最初に内定をいただけた梅川事務所に迷わず入社することを決めました。

    現在の仕事内容は?

    入力業務を中心に、個人の確定申告や法人の決算の補助的な業務を担当しています。お客様は飲食のFCを運営する会社や整骨院、企業など業界業種も規模感もさまざま。

    顧問先によっては先輩と共に、月次報告に訪問することもあります。お客様と一緒に書類を見ながら、数字を振り返り、アドバイスをしていきます。私はまだできませんが、先輩の姿を見て、分析やトークのスキルを習得している最中です。

  • 仕事のやりがいや印象に残る
    エピソードを教えてください

    やはり単純に数字が合った時は面白さを感じますね。また、日々の仕事を通して思うのは、会計・税務の知識や処理スピードももちろん大切ですが、お客様とのコミュニケーションも同じくらい重要であるということ。

    お客様は何もわからなかったり、不安であったりするから会計事務所に頼んでいるのであって、単に書類やデータのやり取りで終わるのではなく、要点を捉えた説明や丁寧な補足を加えるように心掛けています。「そういうことだったのか」といったお客様の声をいただけた時は、とても嬉しいですね。

    梅川公認会計士・税理士事務所の
    魅力は何ですか?

    先輩や上司にも質問や相談がしやすく、「もっとこうしたら良いのでは?」といった意見やアイデアにも耳を傾けていただけるので風通しの良さは感じます。「こんな仕事にもチャレンジしてみたい」と進言すると、見合った仕事を与えてくれることも多いように思います。

    また、確定申告や決算の多い時期はもちろん忙しいですが、休日はしっかり休めますし、閑散期には定時で帰れる日も多く、プライベートとの両立がしやすい環境も魅力です。

  • 将来の目標について教えてください

    現在、通常業務と並行して、顧客管理のデータベースづくりにも取り組んでいます。お客様毎により最適かつ効率的にサービスが提供できるよう、依頼内容や当事務所の業務量を改めて見直し、整理している最中です。

    クオリティはそのままに入力や決算などの作業量を軽減し、税務・経営コンサルティングなどにもっと多くの時間を割くことができれば、お客様のビジネスにより深く密に関わることができますし、当事務所にもたくさんのメリットがあります。これからもさまざまな形で事務所の発展に貢献してきたいです。

    これから入社される方に
    一言お願いします

    入力を中心とした作業的な業務はこれからどんどん減っていくはずです。むしろ、減った分の時間を如何にしてお客様とのコミュニケーションやコンサルティングに使っていくかが、これからの税理士に求められることだと思います。

    数字を通してお客様のビジネスに貢献していくといったことに挑戦してみたい方には、すごく面白い仕事と言えるのではないでしょうか。是非、共に働ける日を楽しみに待っています!

DAILY SCHEDULE

1日のスケジュール

  • 9:00

    出社・電話&メール対応・打ち合わせ

  • 10:00

    顧問先訪問・月次報告

  • 12:00

    昼食・ミーティング

  • 14:00

    帰社・別の会社の入力業務

  • 16:30

    顧客管理データベースの構築

  • 18:30

    退社